畳・襖・障子ブログ

花は桜木 人は武士

きょう、新畳に施行させていただいたS様邸で珍しい掛け軸を拝見しました。

字に鳥や蝶が乗っていたり、亀や鶴が字に一体化してる部分もありました。

この掛け軸は日本人が書いたものではなく、Sさんの親様が昔、外国に行って時に買い付けたものらしいです。

近くで見てみると紙ではなく、布に書いてあり、昭和12年に書かれたものらしいのです。

私は素人なので、字の技術や意味はよくわかりませんが、筆のタッチが素晴らしく、ずっと見ていても飽きないのです。

そして字の中に動物がいるなんて!なんて遊び心があるんでしょう。

字が踊っていて、生きているような印象でした。

そして忘れてはいけない、新しいたたみを帰り際にパシャリ。
とっても気持ちよくなりました。
ありがとうございました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 寺院

  2. 職人魂畳表

  3. 玄関畳 

  4. 竹の子

PAGE TOP