畳・襖・障子ブログ

和顔愛語

夕方、あるお寺のたたみの引き取りに行きました。

とゆうのは、60畳のたたみ床の入れ替えのためです。

現在入っている床は状態はよく、昔ながらの貴重なワラ床です。

なぜ入れ替えか? とゆうと畳の厚さは標準で55㎜~60㎜あるのですが、30㎜のフローリング、30㎜のたたみ、とゆう感じにフローリング、たたみ、両方使えるようにするためです。

当店がたたみの処分をするのですが、捨てるにはちょっともったいないのです。。

もし古畳を必要としている方がいらっしゃれば、無料でお持ちしますので、電話orメールをくださいー。

たたみを建物から運び出している時に『和顔愛語』と書いてある長椅子が目に入りました。

なんと読むのが正解かわかりませんが、とても柔らかいニュアンスをもつ四文字熟語ですよね。

言葉を見ただけで和めるような、そんな気がしました。

全く型が違う字を組み合わせていろんな意味の熟語をつくる、言葉って不思議です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 寺院

  2. 職人魂畳表

  3. 玄関畳 

  4. 竹の子

PAGE TOP