畳・襖・障子ブログ

和のいろは

一昨日、民宿のお仕事をさせていただいていて、畳の高さ調整(1枚1枚の畳の段差をなくす作業)で新聞を使っていたところ、、

『あっっ!! 』

2008年3月9日の記事でしたが ” 和のいろは ” とゆうタイトルでカラフルなカラー畳が目に飛び込んできました。

私も以前からカラー畳は気になっていて、なんとかローコストで手に入ることができないかな、、と考えておりました。

そうなんです、、カラー畳はとびっきり仕入れが高いのです。。

何度かホームセンターへ行って水性の塗料を買って、イ草に丁寧に塗ってみたところ、、やはりムラになってしまったり、色が綺麗にでないのです。。

知り合いの塗装屋さんにも聞いてみたのですが、やはりイ草を織る前に1本1本のイ草を染めてからではないと無理だろうなぁ、、と言われました。。

昔、友人に畳離れが続く日本で『同じ事をやっていたんではダメだな。カラー畳があったら是非頼みたいね。』
そんな話になったのをはっきり憶えています。

勿論、イ草が本来持つ青い色、また変色した黄金色もとても趣があると思います。これは変わってはいけない物だと思います。

変わらないものと、変わっていく事で本来ある姿の良さを再発見できる事。
挑戦は続きます。。

話が変わりますが、前回日記で書いたカラフルコースターがとても反響が良いです。
色んなバリエーションを揃えサービス品として活躍してくれいてます。

        

昨日は伊那のある現場でコースターを差し上げたところ、お返しにといって
団子三兄弟のカセットテープをいただきました 笑
いやいや申し訳ない。。

           

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 寺院

  2. 職人魂畳表

  3. 玄関畳 

  4. 竹の子

PAGE TOP